トップに戻る

Skypeで使えるシステムコマンド一覧 Ver1.2 R2


現行Skypeの仕様 (SkypeWin 5.5 / SkypeMac 5.2 / SkypeiOS 3.7) 権限の種類と上下関係 : APPLICANT < LISTENER < USER < HELPER < MASTER < CREATOR
なお、APPLICANT状態のユーザはWindows版4以上、MacOSX版5以上はメンバリストに表示されない

また、iOS版やAndroid版からでもgoliveを使うことによりグループに発信ができる。が、結構バグい。
なお、終了するにはアプリ自体を終了するしかない模様。

iOS版 VER 3.7(なお、3.5未満はグループ通話の概念が違うためコマンド無効)通話ウィンドウがでないため、終了不可。
ちなみに、サインアウト時に「サインアウトするとこの通話が終了します」と出るため通話状態は認識しているもよう。
Android版 VER 2.7.0.907誰かでるまでチャットログにnullさんとの通話とかでる。
iOS版と同じく通話ウィンドウがでないため、終了不可。 またこの状態で他の場所とも通話可能(グループ内にいないユーザでも可)。両方へ声が届く。
iOS版は勝手にグループ通話側を保留にしてしまう。また、通話ウィンドウがないため、保留解除不可。
ちなみに、MacWinともにグループ通話中に発信するとグループ通話側を保留にするため、iOS版のほうがデスクトップ用Skypeに近い挙動。

両者ともグループ通話中のグループで/goliveすれば参加可能。
ただ例にもれず通話画面はでないため、通話を切るためにはアプリを終了するしかない。


HELPERはユーザの権限操作以外のコマンドは全部使えたはず
CREATORは一つのグループに一人まで
コマンドのつかいかた : /コマンド で発言
ご意見や足りないコマンド等ありましたらtenko98(twitter)までどうぞ
コマンド
コマンド 効果 実行に必要な最低権限
/golive [token]
(Skype4.2以上)
使ったグループで会議通話準備状態になる。
tokenに文字列を入れると参加用リンクが生成される。
同じグループにいるメンバはそのまま参加できる。
User
/invite [token]
(Skype5以上)
tokenに入れたSkypeIDへの発信用リンクが生成される
引数としてtokenが付くが詳細は謎
User
/get CREATOR CREATOR権限をもつユーザを表示する
他の権限(MASTER,USER...)を当てはめてみたがCREATOR以外はうまくでてこない
User
/showmembers /helpででてこないから隠しコマンドっぽい
自分の権限とそのグループにいる他の人の権限を表示。詳細は以下
User
/me バージョンによって多少表示が違うが、見出しのようなものができる User
/leave チャットから退席する
例外的にオープンチャットの作成者は退席できない
User
/history 履歴を表示する User
/fa チャットの検索 User
/alertson [text] textに指定したチャットが届いたときのみ通知する User
/alertsoff チャットの通知を無効化 User
/call [SkypeID] 指定したIDへ発信する User
/topic チャットタイトルの変更 User ただし固定フラグが立っている場合はMaster
/help コマンドを一覧表示 User
/whois [SkypeID] 指定したIDの情報の取得 権限が強ければより詳細な情報が得られる User
/goadmin 作成者になるっぽい?
ただしSkypeV3.8以前のクライアントでかつ、Creator、Masterがどちらも退席した場合に限る
User
/get options チャットに設定されているフラグ取得
User
/setrole [SkypeID]
MASTER HELPER USER LISTENER
指定したIDの権限の変更
なお、ApplicantとCreatorにはできない
Creatorのみ
/set options +/-[Flag] チャットのフラグ設定
詳細はSkypeチャットフラグまとめを参照
Creatorのみ
/set banlist +/-[SkypeID] 追放者リストの操作
このリストに入っているユーザは入場できなくなる +で追加 -で解除
また、このリストに入っているユーザはCreator権限がないとグループに追加できない
Creatorのみ
/set allowlist +/-[SkypeID] 許可ユーザリストの操作
よくわからないがこのリストから外すとbanlistに追加されるようだ
Creatorのみ
/set guidelines ガイドラインの編集
SkypeV4以上は表示されない
/get guidelinesを使う必要あり
Creatorのみ
/add [SkypeID] 指定したSkypeIDをチャットへ追加する
ちなみに認証されていなくても追加可能
User ただしbanlistに入ってる人を追加するにはCreatorが必要
/setpassword [password]
[password hint]
/set password [password]
/set password_hint [password hint]
チャットに参加する際に要求するパスワードを設定できる
Creatorのみ
/clearpassword パスワードを解除
Creatorのみ
/kick [SkypeID] 指定したIDをチャットから追放する
Master
/kickban [SkypeID] 指定したIDを追放して追放者リストに追加する
Creatorのみ
/info /helpででてこないから隠しコマンドっぽい
チャットの参加者と最高参加者を表示
今のとこ最大300人
-

showmembersででてくる項目の詳細

項目 詳細
My Rank 自分の権限
My Status なんなんでしょう 情報もとむ
Creation timestanp そのチャットができた日時
CHAT MEMBERS チャットに参加している人
SkypeID (表示名) 権限 hasAuthorizedMe isAuthorizedByMe isBuddy
CHAT MEMBERS 権限 SPEAKER - USER
CREATOR - CREATOR
SPECTATOR - LISTENER
ADMIN - MASTER
hasAuthorizedMe そのメンバにコンタクト認証されている場合に表示される
isAuthorizedByMe そのメンバのコンタクト認証をしている場合に表示される
isBuddy そのメンバをコンタクトリストに入れていると表示される
実験したところ要求を通さないとリストに追加できないっぽいんでisAuthorizedByMeとセットかも

< トップページ
フラグ詳細へ >